BLOG

HRアセスメント診断にまつわるあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トピック
  4. もの言わぬ人事(声なき心の声を拾う)

もの言わぬ人事(声なき心の声を拾う)

HRパーソナル診断は、定期的に診断することで心の変化に気づくことができます。

個性のベースは変わらないままでも
ある特定のところだけが激変するときは
何か強烈なストレスがかかっているのです。

精神的に安定しているときは、グラフは代わりません。
いろいろストレスを抱えていても、グラフが変化していなければ
問題はないのです。
しかし。。。。
ある1つのところだけ、全体的にグラフが変化したときには注意です
このグラフをみてください。


例えばこのグラフ表出性が極端に小さくなりました。
この段階では、誰も彼女の異変には気付きません。
仕事は、普段と変わらずできるのです。
しかし、以前は自由な表現が抑制されているのがわかります。
この段階で、何か人間関係に問題・ストレスを抱えていることに気づくことができます。

そして
しっかりと本人と話しをする時間をとってみると・・・

「実は上司が代わり、仕事がしにくくなったと。」

そんな事は上司には当然言えません。
人事や他の人も相談していなかったのです。
それに気づくことができれば

仕事の見直しや指示の出し方、接し方の確認
場合によっては配置替えになるのです。

そうすることで、彼女も早めに手をうち
継続が可能になったのです。

特に退職する前、退職したいと感じるときに
よくこの現象が起こっています。
実際に退職する前にしたグラフ変化


「退職します!」と言ってから
話しを聴いても、もう時すでに遅し、となっていることが多いのです。
ストレス予防・対策におすすめですね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

カテゴリー