BLOG

HRアセスメント診断にまつわるあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トピック
  4. 【イベント報告】6月25日(日)面談力向上のためのアセスメント活用体験

【イベント報告】6月25日(日)面談力向上のためのアセスメント活用体験

【面談の質の向上をめざし、幅広い支援ができるアセスメント体験イベント】
キャリコンサロンと一般社団法人HRアセスメント協会のコラボ企画を実施しました。
資格をとったものの、面談に自信がもてない。
企業領域でのキャリアコンサルンタントのイメージがつなかい。
相談者の悩みを的確に支援・関係構築を深めたいなど
キャリアコンサルタントが自信をもって面談に対応し、武器の一つとして活用していただきたいアセスメント

1,まずは個人の診断を解説
事前に体験をしていただいた結果を元に解説
みなさん興味深そうに話しを聴いていました。やはり自分のことだからですね!

2.事例検討
今回は面談でのアセスメントの活用をイメージしていただくため
実例を元にグループで検討、解説、2人一組でロールプレイングを実施
相手の課題をズバリ深掘りしてゆきます

■組織やチームでの活用について
人事や企業のコンサルタントの方は必見。個人だけでなく組織の課題をズバリ
コミュニケーションの問題が何か、比較することで見えてきます。

3。アセスメント診断士を昨年末に取得した、宮治有希乃さんの活用事例
組織への活用、コンサルティングがより一層説得力を増すという、宮治さんのリアルな話しに皆さん釘付けでした。

■参加者の声(一部)
・診断の切り口(特に、会話性と交流性が区別されているところ)の納得感があり、大変有意義でした、ありがとうございましました。
・組織内人事において、経験や聞き取りに基づく主観的な情報は持てるが、客観的な情報を得るのは難しい。今回のアセスはそういった点で有効ではないかと感じた。
・たった120問の質問、10分の診断で人の個性・特徴を読み取り、自分でも気づかなかった部分まで知ることができるので、いろいろな場面で活用できるツールだと、改めて感じました。
・宮治さんのお話もとても参考になりました
・お世話になりました。現場で使用した時のイメージをつかむことができました。
・キャリアコンサルティングと合わせアセスメントの活用方法を学べました。
・個別での対応だけでなく、課題が明確になり面談がスムーズにすすむことを実感しました。

HRアセスメント診断士の詳細はこちら

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

カテゴリー